【ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー口コミ】仕事や履歴書と給料は?

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー口コミや評判を調査!仕事や履歴書と給料は?

当サイト「資格検定メモ」はアフィリエイト広告を利用しています。記事は当サイト「資格検定メモ」が独自に調査・作成しています。記事で紹介する商品には広告出稿されているものもありますが、広告出稿の有無によって順位や内容は改変されません。※詳細は「資格検定メモのコンテンツポリシー・品質チェックフロー」に記載

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の試験難易度や合格率、テキストの内容は?悪い口コミや評判はある?

初心者でも基礎から3ヶ月で子どもの発達障がいの知識を学べる、口コミでもわかりやすいと評判のユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座。

子どもの発達障がいに興味のある方におすすめの通信教育で、ほかの発達障害関連の講座と比較し、発達障害の知識に加えて「絵カードがついてくる」点と「仕事というよりは、家庭での子育てに生かせる」点が特徴です。

教材テキストを購入!実際に受講してみました!

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座は自宅にいながら自分のペースで受講できると評判で、フルタイムで仕事をしている人や子育て中の主婦の方でも、両立しながら少しずつ勉強しやすい点も特徴。学習中にわからないことがあったら、1日3問まで質問できる点も安心と口コミで良い評判です。

この記事では子どもの発達障害の知識を基礎から学べるユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座について、おすすめ理由やテキスト内容、メリットや口コミの評判を徹底解説。料金や難易度、試験内容の2024年最新情報から、事前に知っておきたい注意点やデメリットまで紹介します。

目次

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の合格率は高いと想定

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座は発達凸凹(でこぼこ)アカデミーとユーキャンが提携して運営している講座で、資格認定は発達凸凹(でこぼこ)アカデミーが行なっています。

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の合格率は公表されていませんが、自宅で監視チェックなく受験できる試験で内容も初心者向けのため、合格率は高めの数値といって良いでしょう。

講座名子ども発達障がい支援アドバイザー講座
認定発達凸凹(でこぼこ)アカデミー
販売ユーキャン
費用34,000円

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座テキストはわかりやすい

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキストは2冊

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキストは全部で2冊。内容は大きく分けて「サポート理論編」「サポート実践編」の2つに分かれています。

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト1冊目:サポート理論編

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト1冊目「サポート理論編」では、主に発達障害の理論について学べます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

レッスン5では、注意欠如・多動症(ADHD) について、分類の変更や主な特性、特徴やサイン、対応ポイントなどがまとまっていました。

ほかにも、学習障害(LD)のICD-10や文部科学省ごとの定義、主な特性などADHDと同じような構成で解説されています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

学習障害は、知的発達に遅れがないものの、「読む」「書く」「計算する」「推論する」など特定の能力につまづきや困難が生じる状態をいうそうです。

困難の特徴によっては、「ディスレクシア(読字障害)」「ディスグラフィア(書字障害)」「ディスカリキュア(算数障害)」と呼ばれることもあるのだとか。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

発達障害の具体的な名称や分類、特徴のほかにも、「わざと危険な行動をしようとする」「授業や行事(活動)、給食(食事)などに集中できない」「片付けができない」など問題行動の現れ方や、「危険な行動をすることで注目を得ようとしている」などその原因についても解説されていました。

学習内容例

  • 発達障害の具体的な名称や分類、特徴
  • 注意欠如・多動症(ADHD)
  • 学習障害(LD)
  • まわりの環境について
  • 問題行動の現れ方
  • 問題行動が起こる原因

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト2冊目:サポート実践編

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト2冊目「サポート実践編」では、園や学校に子どものことを伝える方法や注意点、交友関係に伝える場合の留意点、近親者(祖父母)とのコミュニケーションや距離感などを学ぶことができます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

親を取り巻く交友関係に、子どもの発達障害を伝える方法についての部分は、なるほどと思いました。

勇気を出して伝えても、傷つくことを言われたり、誤解が生まれてしまったりするかもしれませんよね。テキストでは、「子どもの発達障害のことを、どうやって話したらいいんだろう…」と迷う場面での対応方法が、友人への伝え方と、園や学校の保護者間での伝え方に分けて解説されています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

テキストの5章以降では、「サポート体験談」が紹介されています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

サポート体験談は1〜4まであり、発達障害をもつ子どもに対し、社会にどんなサポートがあるかや、具体的な事例に合わせたサポート内容が紹介されています。体験談なのでリアリティがあり勉強になりました。

内容は、登場人物とサポートの始まり、幼児期の検診での様子、発達障害と診断されてからの対応や、どんな療育をした良いかなど時系列に順を追って説明されています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

「感覚過敏(鈍麻)」や「乳幼児健康診査」など専門用語も緑の背景の枠で解説されているので、わかりやすく読み進められました。

「特別支援学級に決まるまでの手続き」や「特別支援教育総合センターでの基本的な流れ(ある自治体の例)」が図解で解説されているなど、参考になる内容が多かったです。

学習内容例

  • サポート体験談4つ

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の教材テキスト:絵カード&解説ブック

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座には、メインのテキスト2冊以外に副教材として、絵カードとその解説ブックもついてきます。

歯磨きや食事、着替えなど子どもに「これをしてほしい」という行動をしてもらいやすくするためのアイテムが、この「絵カード」。声かけだけではうまく指示が伝わらないときに使います。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

解説ブックには、教材についてくる絵カードの種類と解説があるので、使い方がすぐにわかるのもポイントです。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

視覚支援をする理由は、行動のイメージがしやすい点と、指示に統一性が出る点、イライラや否定を避けられる点です。

「声かけだけでも行動してもらえるんじゃ?」と思いましたが、近くの音も遠くの音も同じ音量に聞こえる感覚過敏を持っている場合、声かけだけの指示では聞こえにくかったり、気づけなかったりするそうです。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

付属の絵カードは、手順表やスケジュールなどに使える1〜5までの数字や、「しずかに」「すわる」「立つ」など状況を示す絵、半そでや長そで、うわぎ、くつ下やくつなど着替えに関する絵、「歩く」「くるま」「でんしゃ」など移動に関する絵などジャンルごとにカードが用意されていました。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の教材テキスト:支援ワークブック

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキストには、支援ワークブックがついてきます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

この支援ワークブックには、子どもの状況や成長を記録できます。子どもの状態を客観的に見ることができ、対応のしかたに活用できます。学校や療育機関などと情報を共有するときにも役立つ作りになっていました。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

支援ワークブックは、コピーしておけば更新(書き換える)ことができます。変更したことがわかるように、記入・更新した日付を書いておくと安心。使い方はDVDや受講生ページから見られる映像でも確認することができます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

「観察メモ」では、子どもの問題行動(困った行動)の記録を取るときに使えます。特に、問題行動が起こる前の行動をよく観察し、書き込みます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の教材:実例集

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト「実例集」では、「宿題を嫌がり、癇癪(かんしゃく)を起こす」小学校中学年男児の例や、「困ったときにヘルプサインが出せない」小学校高学年女児のケースなど実例が具体的に紹介されています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

一つの実例に対して、考えるポイントやこれまでの成長と学校生活、発育の状況など項目ごとに詳しい状況が書かれていて、最後に講師からのコメントや実例対応の良い点が書かれています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の教材:支援DVD

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のDVD映像教材

教材についてくるDVDの映像教材では、癇癪や他害の対処方法、登園や登校しぶりの原因と対処方法、視覚支援としての絵カードの使い方や支援ワークブックの使い方を動画で見ることができます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のDVD映像教材

対応の場面でのポイントが、映像を見ることでより理解しやすかったです。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のDVD映像教材

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の教材:添削課題集

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキストは全部で2冊。

テキスト1冊目が終わったら添削課題1回目、テキスト2冊目が終わったら添削課題2回目、というように交互に取り組みます。テキストを読むだけではなく問題を解く機会があるので、知識がしっかりと定着するのが通信教育のメリット。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の添削課題は2回分用意されているので、テキスト→添削課題の順で交互に取り組みましょう。

添削課題の提出方法は2通りで、郵送かWebのどちらかで提出します。

郵送で提出
Webで提出
時間10日-2週間程度1-3日程度
切手必要不要
長所採点結果を自分で印刷しなくて良い速いので記憶に残りやすい
短所遅いので忘れやすい採点結果は自分で必要に応じて印刷
※所要時間は混み具合にもよリます。

添削課題を郵送する場合、一つの封筒に2回分をまとめて郵送してもOK。切手代を節約できます。

おすすめは切手代がかからず、速く採点結果をもらえるWeb方式。

ユーキャンの資格講座の学びオンラインプラスの画面
通信費は自己負担になりますが、速く結果がわかるので間違えた問題が記憶に残りやすく復習しやすいのがメリットです。

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の教材:学習ガイドブック

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

学習ガイドブックには、教材テキストの内容一覧や質問のしかたなど、学習を進めるうえで必要な手続きやルール、資格試験合格に向けた対策方法が書かれています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

教材が届いたら不備がないか、学習ガイドブックと照らし合わせて確認。不備があればユーキャンの資格キャリア局お客様サービスセンターまで連絡します。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
私はユーキャンで何度も受講経験があり教材に不備があることはありませんでしたが、念のため最初にチェックしています。
  • 教材一覧
  • 学びオンラインプラスの登録方法
  • 添削課題の提出方法
  • 質問のしかた・受講のルール
  • 学習内容一覧と教材の使い方
  • 学習スケジュールの立て方

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のデメリットとメリット

メリットとデメリット

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のデメリットとメリットを紹介します。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のデメリット

  • 仕事に直結させるのはむずかしい

ユーキャンの講座で取れる「子ども発達障がい支援アドバイザー」資格は、仕事に直結させる目的というよりは、保育や教育関連の仕事のプラスアルファとしての位置付けや、自分自身の子育てに役立てるイメージとして活用する方がおすすめです。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のメリット

  • 支援ワークブックや絵カード、絵カード解説ブックなど副教材が充実
  • テキストがカラフルでわかりやすい
  • 区切りのいいところで理解度チェックテストあり

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座では、メインのテキスト以外にも、支援ワークブックや絵カード、絵カード解説ブックなど副教材も充実しています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

区切りのいいところで理解度チェックテストがあるのも良いと思いました。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

また、外出することなく自宅で試験を受けられる点もメリット。子育て中の方や仕事やプライベートで予定が詰まっている方も、試験会場に出向くことなく試験を受けられるから便利です。

また、添削課題をスマホやパソコンから提出でき採点結果がその場でわかるため、間違えた添削問題が記憶に残りやすいのもポイントです。

添削課題は郵送もできますが、切手料金がかかるのと、採点結果が届くのに10日〜2週間ほどかかるため、間違えた問題を含めそもそも解いた問題自体の記憶に残りにくいのがデメリット。

通信費は自己負担になりますが、スマホやパソコンからの提出が結果が出るのが早くおすすめです。

また、子どもの発達障害の重要ポイントのみに絞って学べるのも特徴。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の勉強

本だと「この部分は詳しいけど、この部分が足りない」などまんべんなく学ぶにはバランスが悪いと感じると感じることもありましたが、ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座はどのテーマもバランスよく学べ、子どもの発達障害に関する全体像を理解できました。

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座で一通り学んだら、特に知識を深めたい部分に関するテーマの本を読んでみるのも良いと思います。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー講座学習〜資格試験の手順

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の学習から受験までの手順

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の学習から資格試験までの手順は以下の通りです。

STEP
公式サイトから申込み
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の受講申込画面

ユーキャンの公式サイトから申し込みます。

STEP
教材テキストが到着!勉強開始

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキストが1週間ほどで届きます。

ユーキャンの資格講座の教材テキストの段ボール

まずは教材やテキストに不備がないか、学習ガイドブックを見て確認。

めったに不備はありませんが、もしあった場合はユーキャンに連絡しましょう。

STEP
添削課題を提出
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

テキスト1冊目→添削課題→テキスト2冊目→添削課題と交互に取り組みます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

テキストの区切りのいいところでチェック問題や章末問題が用意されていて添削課題にも役立つので、チャレンジしてみてください。この要点チェック問題をクリアしておくことで、子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験の対策にもなります。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
STEP
資格試験を受験

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験を受験します。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

試験前には、テキストの確認問題や添削課題の再チェックがおすすめ。

不合格の場合は、受講期間の6ヶ月以内なら再試験・再々試験まで受験ができます。再受験の料金はかかりませんが、切手費用がかかるので、一回で合格した方がお得です。

STEP
資格取得

1ヶ月ほどで合否結果が郵送されます。

ユーキャンの講座の資格認定証の発行依頼
ユーキャンの講座の資格認定証の発行依頼

子ども発達障がい支援アドバイザー資格認定証は、受講料金とは別で2,000円必要。希望者のみ発行でき、合否結果に同封の振込用紙から振り込むと、自宅に郵送で届けてもらえます。

額やファイルに入れて大切に保管しましょう!

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験の難易度は低め

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資格試験は、自宅で監視チェックなく受験できる試験です。内容も初心者向けのため、難易度は低めで合格率も高めといって良いでしょう。

子ども発達障がい支援アドバイザー試験概要

資格名子ども発達障がい支援アドバイザー
認定発達凸凹(でこぼこ)アカデミー
受験地自宅
試験内容講座内容から出題
出題形式マークシート
試験時間なし

子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験の問題を解いてマークシートに書き込んだら、教材についてくる封筒に入れてユーキャンへ郵送します。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材
住所は印字されているので封筒に宛名など書く必要はありません。

なお、切手費用は自己負担です。

資格試験の採点結果について後から質問することはできず、不合格の場合も、どの問題を間違えたのか確認はできません。合否結果のみが郵送で届きます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の口コミや評判

お客様の声・口コミや評判

私が受講した以外にも第三者の口コミとして、ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の口コミや評判を調査しまとめました。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー悪い口コミ評判:認定証が有料

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の悪い口コミや評判

  • 合格してから認定証が届くまでに時間がかかった
  • 合格認定証を発行するのに振り込みが必要
  • 勉強していて自分自身がつらくなってきてしまった
やった!ついに子ども発達障がい支援アドバイザーの認定証が届いた😊合格してから認定証が届くまで時間かかった〜そして合格した日と認定証の日にちがちがうのにはちょっと笑いそうになった😂
引用:Twitter
去年の4月に合格した子ども発達障がい支援アドバイザーの合格証を発行するための振込を1年越しで本日完了しました🫡www忘れた日は一日もなくまた今度振込に行かないとな…と、1年があっという間に過ぎてた…🥹
引用:Twitter
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座にやっとこさ手をつけ始めたんだけど、自分がツラくなってきた……
引用:Twitter

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー良い口コミ評判:子育てに役立つ

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の良い口コミや評判

  • 息子のことをより理解するために勉強し、最低限の知識が頭に入った
  • 発達障害のことをもっと知れるのが楽しかった
  • 空き時間に少しずつ勉強できた
  • 「大丈夫だよ」と寄り添える存在に近づけた
  • 子どもの癇癪との向き合い方など勉強になることが多い
子ども発達障がい支援アドバイザーの認定証届いた〜〜!資格が欲しいというよりも息子のことをより理解するための勉強として始めたから個人的には最低限の知識が頭に入ってよかった🙆🏻
引用:Twitter
子ども発達障がい支援アドバイザー受かりました!勉強してて発達障害のこともっと知れるの楽しかった!これからまだまだインプットすることはあるけど一先ずお疲れ様!
引用:Twitter
もっと口コミを見る
帰宅したらポストにこれが。「子ども発達障がい支援アドバイザー」認定試験合格通知✨色々やりながら合間にちょこちょこ勉強しました。民間資格とは言え「合格」と言われれば嬉しいね😊
引用:Twitter
子ども発達障がい支援アドバイザー認定試験に合格しました。このテキストの解説に沿っていくとか、テキストの定義が正しいと思うとかではなく、第三者の目でわたしの知識に偏りがないことの確認でした。
引用:Twitter
ユーキャンで勉強している資格「子ども発達障がい支援アドバイザー」の勉強も着々と進んでいます。勉強していると気づきもたくさんあります。コツコツやっていきたいと思います。
引用:Twitter
ユーキャンから早速「子ども発達障がい支援アドバイザー」の講座のテキストが送られてきました📝内容もかみ砕いて書いてあるのでわかりやすい💡フォロワーさんに教えていただいた本と合わせて勉強するとさらにわかりやすい🎵自分のペースで進めています。
引用:Twitter
「恒司くんを待つ春までに自分も何かスキルアップ⤴️」と申込んだ2日後…まさかのRESTARTに盛大にズッコケましたが💦今までの経験を活かし子ども発達障がい支援アドバイザー の資格を取得しましたカウンセリングや医療的支援は出来ないけど「大丈夫だよ」と寄り添える存在に近づけたかな☺
引用:Twitter
ユーキャンで発達障がい児支援アドバイザーの資格勉強はじめて3ヶ月。息子の寝かしつけがうまくいった時のみ1時間ずつぐらい…コツコツ勉強してきて、やっとテキスト2冊終えました。保育士としてはもちろん、母親として子育てしていく上でも、子どもの癇癪との向き合い方など…勉強になること多い!
引用:Twitter

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座とほかの講座の比較

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座とほかの講座の比較結果を表にまとめました。

スクロールできます
大人発達障害対応
スペシャリスト
子ども発達障がい
支援アドバイザー
思春期発達障がい
支援アドバイザー
子ども発達障がい
支援実務士
児童発達支援士発達障害コミュニケーションサポーター発達障害児支援士
会社
添削
指導
2回2回2回2回なしなしなし
映像ありありありありありありあり
学習
期間
2ヶ月3ヶ月3ヶ月3ヶ月約1週間-1ヶ月
(約15時間-30時間)
約1週間-1ヶ月
(約15時間-30時間)
6ヶ月
締切700日6ヶ月6ヶ月6ヶ月8ヶ月8ヶ月12ヶ月
料金69,800円34,000円39,000円34,000円37,400円34,100円109,780円
販売キャリカレユーキャンユーキャンユーキャン一般社団法人
人間力認定協会
一般社団法人
人間力認定協会
四谷学院
認定一般財団法人
日本能力開発推進協会
発達凸凹
アカデミー
発達凸凹
アカデミー
発達凸凹
アカデミー
一般社団法人
人間力認定協会
一般社団法人
人間力認定協会
学校法人
武蔵野東学園
(編集協力)
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

関連記事:ユーキャン発達障害3資格の違い!実務士とアドバイザーはどっちがいい?

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験は独学不可

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は独学で試験のみ受けることはできません。ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座を受講することで、受験資格が得られます。

通信教育独学
テキストそろっている自分で選ぶ
添削指導ありなし
費用高い安い
資格取得できるできない
質問できるできない
資格講座の最新情報は公式サイトをご確認ください。

独学で資格取得はできませんが、まずは本で子どもの発達障がいを学ぶのも良いでしょう。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の活用方法

子ども発達障がい支援アドバイザー資格は民間資格で難易度も低いため、教員免許のように就職に直結することはないと言えるでしょう。

しかし、工夫しだいで資格を活かすことはでき、たとえばプロフィール欄に書いてライターの仕事やSNSでの発信活動に役立てるなど、副業や起業で役立てることもできます。

今やっている仕事が教育・保育・発達障害児支援関連なら、業務のプラスアルファの知識として活かすのも良いと思います。

子ども発達障がい支援アドバイザー資格で学んだ内容が活かせる場所

  • 発達障害児支援施設
  • 学校など教育現場
  • 学童や保育園など保育現場
  • 子どもの習い事
口コミや評判を見ると、仕事や就職に活かすよりも日常生活に役立てている方が多い印象でした。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座のよくある質問

よくある質問
勉強が久しぶりで続くか不安…。相談できるスタッフや講師はいる?

子どもの発達障害の勉強が初めての方でも、テキストの疑問点はユーキャンの受講生専用ページから質問を送ることができます。担当講師がわかりやすく丁寧に解説!

受講期間中は1日3問まで無料で質問できます。

取得した資格は履歴書に書いてもいいの?

履歴書に記載できます。国家資格に比べるとインパクトに欠けるかもしれませんが、やる気があることや学んだことの証明、話題として活用することができます。

面接官にもよりますが、勉強のエピソードなどを交えて話すことで、その分野の知識を身につける意欲や努力の結果として評価してもらえるかもしれません。

学習期間や期限は?どのくらいで資格取得ができる?

約3ヶ月程度の期間で修了し、資格取得できます。

ユーキャンの講座は自身のペースで学習ができるので、早く資格取得をしたい方は、添削課題を郵送ではなくWebで提出してみてください。

また、受講期間はメールでの質問回答や添削課題も含めた期間になります。ゆっくりと自分のペースで学ぶ場合でも、添削課題の提出や質問回答は受講期間の6ヶ月を過ぎないよう注意しましょう。

受講期限を過ぎてしまったら?

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の受講期限の6ヶ月を過ぎると、添削課題の提出や質問の受付がしてもらえません。延長サポートはないため、期間内に課題や試験を終わらせるようにしてみてください。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料請求・申込方法

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料請求方法

STEP
公式サイトにアクセス
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の受講申込画面

まずはユーキャンの公式サイトにアクセスします。

STEP
必要事項を入力
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料請求申込画面

住所や氏名など、必要項目を入力します。

STEP
1週間程度で資料が到着

混雑状況にもよりますが、1週間程度でユーキャンから子ども発達障がい支援アドバイザー講座の資料が到着します。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料

私は過去に50講座以上は資料請求をしていますが、しつこい電話勧誘はいっさいなかったので安心。たまにメールやチラシが来ますが、すぐに停止できます。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料

資料請求はここまでするか!というほど丁寧な内容で、随所に「○○様」と名前が入っていたり、講座担当者から心のこもったメッセージがついているなどホスピタリティが徹底されています。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の資料
ここまで資料請求が丁寧な通信教育はないのでは??と驚くほど品質が高いので、講座が気になる方はぜひ資料を請求してみてください。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の申込み方法

STEP
公式サイトにアクセス
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の受講申込画面

まずはユーキャンの公式サイトにアクセスします。

STEP
必要事項を入力
ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の受講申込画面

住所や氏名など、必要項目を入力します。

支払い方法は、クレジットカード決済(一括のみ)とゆうちょ・コンビニ後払い(一括・分割)の二通り。ゆうちょ・コンビニ後払いの場合は、商品が到着してからの支払いでOKです。

STEP
1週間程度で教材が到着

混雑状況にもよりますが、1週間程度で教材が到着します。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の口コミや評判まとめ

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座を受講した感想

  • ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座は、仕事というよりもどちらかというと家庭での子育てで役立つ内容を学べる
  • テキストは全部で2冊。内容がコンパクトにまとまっている
  • 添削課題以外に、区切りのいいところでチェック問題や章末確認問題があり、学んだ知識をアウトプットする機会が多い

また、第三者の口コミや評判は以下の通りです。

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の悪い口コミや評判

  • 合格してから認定証が届くまでに時間がかかった
  • 合格認定証を発行するのに振り込みが必要
  • 勉強していて自分自身がつらくなってきてしまった

子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座の良い口コミや評判

  • 息子のことをより理解するために勉強し、最低限の知識が頭に入った
  • 発達障害のことをもっと知れるのが楽しかった
  • 空き時間に少しずつ勉強できた
  • 「大丈夫だよ」と寄り添える存在に近づけた
  • 子どもの癇癪との向き合い方など勉強になることが多い

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格講座なら、子どもの発達障がい支援の知識が学べるのはもちろん、子育てにすぐに取り入れられるコツが満載。わかりやすく作りこまれたテキストと教材で楽しく学べます。

まずは無料の資料請求で、学べる内容や学習イメージをしてみてください!

ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー講座の申込または資料請求はこちら▼▼▼

\ 最大3万円割引!お得な割引クーポンはこちら▼▼▼/

キャリカレの期間限定割引キャンペーン

\ 今だけ5000円割引キャンペーン中▼▼▼/

ユーキャンの期間限定割引キャンペーン

当サイト「資格検定メモ」では、正確性・信憑性・安全性・最新性のある情報をお届けするために、厳正な品質チェックを行い、細心の注意を払っております。ただし、資格講座や通信教育・サービス内容や、国が定める法律や規約の変更により、サイト掲載の情報と一時的に相違が生じる可能性があります。万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただけますと幸いです。内容確認後、厳正な調査を行い修正いたします。

ユーキャン子ども発達障がい支援アドバイザー口コミや評判を調査!仕事や履歴書と給料は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次