食生活アドバイザー「ミネラル」解説!リンとナトリウムは過剰傾向・カルシウムと鉄は不足傾向

食生活アドバイザー3級試験科目「ウェルネス上手になろう」問題2

当サイト「資格検定メモ」はアフィリエイト広告を利用しています。記事は当サイト「資格検定メモ」が独自に調査・作成しています。記事で紹介する商品には広告出稿されているものもありますが、広告出稿の有無によって順位や内容は改変されません。※詳細は「資格検定メモのコンテンツポリシー・品質チェックフロー」に記載

あわせて読みたい
【食生活アドバイザーテキストおすすめ2023最新】独学勉強方法と通信講座 食生活アドバイザーを独学で勉強するとき、公式テキストだけでも種類がたくさんあり、公式以外からも参考書が出ていてどれがいいのか迷ってしまったことはないでしょう...
あわせて読みたい
【ユーキャン食生活アドバイザー口コミ】おすすめ通信講座を受けてみた 初心者でも基礎から4ヶ月で食生活アドバイザー試験に向けて対策できる、口コミでもわかりやすいと評判のユーキャン食生活アドバイザー講座。食生活アドバイザー試験に向...

食生活アドバイザー3級試験の出題内容は、全部で6科目に分かれています。

内訳は、「ウェルネス上手になろう」「もてなし上手になろう」「買い物上手になろう」「段取り上手になろう」「生きかた上手になろう」「やりくり上手になろう」の6分野です。

食生活アドバイザー3級試験科目「ウェルネス上手になろう」

今回解説するのは、食生活アドバイザー3級の一つ目の分野「ウェルネス上手になろう」に関する練習問題です。

この記事で扱う問題は、公式テキストや過去問、各種食生活アドバイザーのテキストをもとに作った練習問題です。公式から出ているものではないことを、あらかじめご理解ください。

目次

食生活アドバイザー3級解説「ウェルネス上手になろう」第2問

「ミネラル」に関する記述として、最も適当なものを選びなさい。

  1. 食品中に含まれる鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄がある。ヘム鉄は、植物性食品に多く含まれ、非ヘム鉄は、動物性食品に多く含まれている
  2. カルシウム補給のための食品として、小魚、牛乳・乳製品がある。その他には、海藻といった植物性食品にも多く含まれている
  3. カルシウムや鉄は、普段の食事で必要量のほとんどが摂取できるため、過剰摂取に気をつけるようにする
  4. ミネラルとは、カラダを構成する元素の一つで、その含有量は体重の2%あり、残りの98%は「酸素、炭素、水素、窒素」で占めている
  5. 日本人の場合、リンやナトリウムは不足しがちなミネラルであるため、摂取不足にならないよう、含有量が多い食品を摂取することが望ましい
解答を見る

正解は「2」です。
カルシウムをとれる食品というと、牛乳やチーズが思い浮かぶ方も多いと思いますが、小魚や青菜類、海藻からもカルシウムを摂れる、と覚えておきましょう。

食生活アドバイザー3級試験科目「ウェルネス上手になろう」問題2の詳細

問題1,3,4,5はすべて誤りです。

食生活アドバイザー3級解説「ウェルネス上手になろう」第2問

\ 最大約3万円割引!お得な割引クーポンはこちら▼▼▼/

キャリカレの期間限定割引キャンペーン

当サイト「資格検定メモ」では、正確性・信憑性・安全性・最新性のある情報をお届けするために、厳正な品質チェックを行い、細心の注意を払っております。ただし、資格講座や通信教育・サービス内容や、国が定める法律や規約の変更により、サイト掲載の情報と一時的に相違が生じる可能性があります。万が一、提供している情報に誤りがある場合は、大変お手数ですが「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただけますと幸いです。内容確認後、厳正な調査を行い修正いたします。

食生活アドバイザー3級試験科目「ウェルネス上手になろう」問題2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次